まずは読んでほしいおすすめ記事

【論文紹介】ウォームアップで行うストレッチングの異なる組み合わせが、サッカー選手のスプリントの加速度とスピードに与える影響

読了目安時間 約

Acute Effect of Different Combined Stretching Methods on Acceleration and Speed in Soccer Players

Mohammadtaghi Amiri-Khorasani, Julio Calleja-Gonzalez, and Mansooreh Mogharabi-Manzari
J Hum Kinet. 2016 Apr 1; 50: 179–186.
Published online 2016 Apr 13. doi:  10.1515/hukin-2015-0154

目的:異なるストレッチングプログラムがサッカー選手のスプリントパフォーマンスに与える影響の調査

異なるストレッチングの組み合わせ順序が、サッカー選手のスプリントの加速度とスピードに与える影響を調べた研究はない。
サッカー選手はスプリントのパフォーマンスを高めるためにウォームアップをどのような内容・順序で行うべきか?という疑問に答えるべく、本研究はスタティックストレッチング・ダイナミックストレッチング・その2つの組み合わせのウォームアップのそれぞれが、サッカー選手のスプリントの加速度とスピードに与える影響を調査することを目的とした。

方法

被験者
20名のサッカー選手(身長177.25±5.31cm,体重65.10±5.62kg,年齢16.85±0.87歳,BMI20.70±5.54,トレーニング歴8.46±1.49年)

実験内容

20名の被験者は、計5回の実験日を経験し、ランダムに割り当てられた異なるスケジュールで下記の実験に参加した。

1.4分間のジョギング
2.[下記a~e]のいずれかの内容を実施
3.2分間の休憩
4.10m・20mスプリントテスト

a.スタティックストレッチングのみ
b.ダイナミックストレッチングのみ
c.スタティックストレッチング→ダイナミックストレッチングの実施順
d.ダイナミックストレッチング→スタティックストレッチングの実施順
e.ストレッチング不実施

すべての実験は、夜の同時刻に同様の気温(28℃ー32℃)と湿度(34%)の環境で行われた。

スタティックストレッチング
ターゲットとした部位は以下のとおり。
腓腹筋・ハムストリングス・股関節伸展筋群・股関節屈曲筋群・大腿四頭筋・内転筋群。
各部位片脚ずつ30秒×1回実施。

ダイナミックストレッチング
ターゲットとした部位はスタティックストレッチングと同じ。
各レップ、最大ROMで動かすよう努力し、反動はつけないこととした。
各種目5回ずつ実施した。

結果:ダイナミックストレッチング>スタティック&ダイナミック>スタティックストレッチング

図中の SS=スタティックストレッチングのみ,DS=ダイナミックストレッチングのみ,CSD=スタティックストレッチング→ダイナミックストレッチングの実施順,CDS=ダイナミックストレッチング→スタティックストレッチングの実施順 を示す

加速度はSSよりもDSの方が有意に速かった。また、SSよりもCSDの方が有意に速かった。
スピードはSSよりもDSの方が有意に速かった。また、SSよりもCSDの方が有意に速かった。

考察:スタティックストレッチングの後に、ダイナミックストレッチングを行う

ウォームアップの内容として、スタティックストレッチングのみ実施条件よりも、ダイナミックストレッチングのみ実施条件の方が有意に加速度とスピードが速いことが示された。また、スタティックストレッチングは加速度とスピードに対してネガティブな影響を与えた。スタティック→ダイナミックの実施順がスタティックストレッチングのみ実施条件よりも速いタイムを記録したのは、スタティックストレッチング後に行ったダイナミックストレッチングがスタティックのネガティブな影響を打ち消したためだと推察される。

結論

本研究の結果から、サッカー選手がスプリントの加速度とスピードを高めるためのウォームアップとして、ダイナミックストレッチングを実施することが望ましいが、仮に選手がスタティックストレッチングをどうしても実施したい場合は、スタティックの後にダイナミックストレッチングを組み合わせるべきである。

【論文紹介】異なるウォームアップ方法が,サッカー選手のペナルティーキック,ドリブル,スプリントのパフォーマンスに与える影響
【論文紹介】筋トレのセット間レストに行うスタティック or ダイナミックストレッチングが、次のセットのレップ数に与える影響(男性ボディビルダーを対象にした場合)
【論文紹介】スタティック or ダイナミックストレッチングを組み込んだウォームアップルーティーンがエリートジュニアテニスプレイヤーの競技特異的パフォーマンスに与える影響
【論文紹介】ストレッチングの実施方法(間欠的 or 持続的)がドロップジャンプパフォーマンスに与える影響