スライドデザインの参考になるパワーポイントの美しいサンプル厳選10個

スライドデザインの参考にしたいパワーポイントのサンプル10選

美しいスライドを作るためには,良質な見本をとにかく見る

非デザイナーが、そこそこ見栄えの良いスライドを作成するためには、すでに存在する良質な見本を参考にすることが近道だと考えます。

そこで、この記事ではSlideShareにアップされているスライドの中から、デザインが美しいものを10個厳選しました。

それぞれのスライドは、内容的にデザインについて解説してくれているものを多く選んでいますが、内容だけではなく、実際にそのスライドがどのようなデザインで構成されているかも参考になるものばかりです。

コンテンツを意識したデザイン思考

フラットなデザイン、スライド1枚あたりの情報量、余白の使い方など、参考になります。

しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな!

内容がとくに面白いです。33枚目のスライドには、ださい欧文フォントが列挙してあります。それらのフォントからは卒業したいものです。

見やすいプレゼン資料の作り方

絶対に押さえておきたい王道の内容です。

書籍も出版されています。

 

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

もはや多くを語る必要もない、とりあえず持っておく一冊です。

 Amazon

 

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

非デザイナーが、デザインの基本を押さえるために、上記もしくはこちらの一冊は外せないです。

 Amazon

デザインのためのデザイン

全体を通して余白とテキストのジャンプ率が計算されていて、スタイリッシュにまとまっています。ジャンプ率とは、大きいテキストと小さいテキストの大きさの比率です。

センス不要!伝わるプレゼン資料のデザインルール【入門編】

そのまま真似すれば、センス不要で整ったスライドが完成すること間違いなしです。

誰に何を伝える?わたしの デザインコンセプトの 作り方、探し方

少し違ったテイストのスライドを入れてみました。専門職→専門外 or 初学者の人に向けて情報を伝えるときは、このようなデザインだと、親しみが持ちやすいかもしれません。

ノンデザイナーのための「デザインの判断」はとりあえずコレだけおさえよう

余白の使い方、フォントのサイズ、ジャンプ率など参考になります。アクセント的に手書き風のオブジェクトを配置することで、独特のリズムが感じられます。

LinkedInは?

サービス紹介のスライドはビジーになりがちですが、アイコン等を用いてすっきりと見やすいデザインです。

自分のスライドは「文字でいっぱいになってしまう」「箇条書きばかりで単調になってしまう」という方には、こちらの書籍が非常におすすめです。

図で考える。シンプルになる。

「伝えたい情報を図で示すには、どうすれば良いか」が分かります。資料作成の時に手元に置いておくと、とても役立ちます。

 Amazon

10 Insightful Quotes On Designing A Better Customer Experience

フォントの使い方や、アクセントカラーの入れ方が参考になります。

10 Things your Audience Hates About your Presentation

最高です。多色使いですが、オブジェクトの系統が一貫しているので、煩雑な印象が全くありません。

まとめ

どれも美しいスライドばかりで、記事にまとめる作業が楽しくて仕方ありませんでした。

自分の資料を作り始める前に、これらの良質なスライドを眺めてから作業に取り掛かると、おそらく良い影響を与えてくれるはずです。

PowerPointで作るお洒落な棒グラフ パワーポイントで作るおしゃれな棒グラフデザイン例 パワーポイントの表紙・見出しタイトルデザイン例 非デザイナーでも出来るパワーポイントのスライドデザイン例【表紙・見出しタイトル編】