【おすすめ書籍】リカバリーの科学 スポーツパフォーマンス向上のための最新情報

リカバリーの科学
  • 本書は,国際的に活躍するエリートアスリートとともに働く世界の著名なスポーツ科学者たちが,リカバリーに関する最新の科学的データを集め,わかりやすく解説したはじめての本の翻訳である。
  • 「パフォーマンスを向上させたい」「オーバーリーチングや怪我を予防したい」と願っているすべてのアスリートやコーチのために,科学的なエビデンスに基づいた情報を17の章に分けて述べた。
  • また,エリートスポーツに携わるコーチやスポーツ科学者が,成功へと導いた競技現場でのリカバリーの応用例もまとめられている。
  • 本書を利用するすべての人々がトレーニングや試合などの競技活動におけるオーバーロードや怪我のリスクを低下させ,最終的にはそれぞれのパフォーマンスを改善する手助けとなるリカバリープロセスを学ぶ一助になることを期待したい。

Amazon商品説明文より引用

ストレッチングに関する記述は
PART3 リカバリーを最適化するための戦略 第6章 ストレッチング(p.61~76)にあります。
本章の訳者は山口太一先生です。

内 容

  • ストレッチングの種類
  • ストレッチングの生理学
  • ストレッチングがパフォーマンスに及ぼす影響
  • ストレッチングとリカバリーに関する研究

なお、本文中で引用された全ての論文は、巻末の文献リストに記載されています。

洋書の方は2013年3月の出版ですので、それ以前の研究論文に基づいて論じられています。全体としては、「ストレッチングはリカバリー戦略として、優先的に推奨される選択ではない」という論調です。

リカバリーの科学 ─スポーツパフォーマンス向上のための最新情報─


おすすめ書籍一覧へ

Twitterでは,ブログに掲載していない新着論文の紹介などをしています。お気軽にフォローお願いします。